家庭教師のメリット
について知ろう!

メンタルケアについて

受験対策で必要なこととして、やはり着目されるのはテストの点数になりがちです。学習塾などではそのことで頭がいっぱいになっているため、その成果で生徒を判断してしまう傾向にあります。しかし、受験を控えている時期というのは精神的にも難しい時期と重なります。そのため、プライベートなどでの悩みが成績に直結するということも起こり得るのです。

生徒に対するメンタルケアをするという観点で言えば、家庭教師は頼れる存在になりやすいと言えます。集団授業がメインの学習塾では、どうしても生徒一人ひとりの悩みに気づきにくいものです。しかし、家庭教師はマンツーマンレッスンであるため、その日の様子が少しおかしいなと思ったら、言葉をかけてあげることもできます。

思春期の子どもは成績以外にも、恋愛や友人関係、自身の体の変化などに大きく心を揺れ動かす傾向にあります。そのため、家庭教師はそのような悩み事を相談できるような信頼関係を築き上げやすいという強みを持っているのです。この強みは受験直前などの精神的に不安定な状態のときに力を発揮します。二人三脚で勉強を進めるため、家族のような関係性になることもあるのです。子どもの支えになる存在として、家庭教師は役立つことができます。